ローソファーが現代の日本人によく選ばれる理由

ローソファーが現代の日本人によく選ばれる理由

用途によって異なるソファーの選び方

ローソファーは、座面の高さが30cm前後と、従来床で生活をしてきた日本人に合うソファーです。

ローソファーを選ぶときのポイントは、家族構成や人数、部屋の広さや用途によって変わってきます。小さな子供やペットがいる家庭では、飛び跳ねたり上がり下りをする時に転落しないためにもローソファーはおすすめです。大きさは1人掛けから3人掛けまであるので、家族で暮らしている場合は、ゆったりとしたサイズを選びましょう。

和室の客用など、座椅子として使用するなら1人掛けのローソファーが2~3台あると便利です。

ローソファーのメリット・デメリット

ローソファーのメリットは、場所を取らずに部屋を広々と使えることです。座面が低いので、冬はこたつとの相性も良いでしょう。

椅子に座るという感覚よりも、足を伸ばしてリラックスできる感覚なので、体を崩してくつろぐ時間にぴったりです。

来客があるときは、人数が多い場合にソファーと床に別れて座っても目線の高さにあまり差がないので、気を使わずに済みます。

ロータイプのソファーにも、デメリットはあります。床に座っている時と高さが変わらないため、椅子に比べると立ち上がりにくいということです。また、背もたれも低いローソファーが多いので、高齢者には膝や腰に負担がかかるかもしれません。

ローソファーを使ってお部屋のインテリア

ローソファーは部屋がスッキリして見えるので、お部屋のインテリアにも最適です。低いのでレイアウトも自由自在で、お部屋のインテリアも自分でコーディネートがしやすくなります。こたつとのコーディネートも、オシャレにアレンジが楽しめるでしょう。

ローソファーとは座面が低いソファーのことで、部屋が広く開放的に見える効果があります。また座面と床の段差が低く怪我の可能性が低いので子どもやお年寄りのいる人達に人気です。