結婚式の前撮りはやったほうが良い!おすすめする3つの理由

結婚式の前撮りはやったほうが良い!おすすめする3つの理由

本番で着ない衣装を着られる

結婚式で前撮りをするメリットとして挙げられる大きな理由が、本番で着ることが出来ない衣装を着られるという点です。ウェディングドレスを着たい、カラードレスも着たい、和装もしてみたい。希望は尽きないかもしれませんが、あまりにお色直しの回数が多いとせっかく来てくれたゲストが飽きてしまうかもしれません。そんな場合は、本番で着られなかった衣装を、前撮りの衣装に指定すれば良いのです。本番は洋装で臨むのなら和装で、和装なら洋装で前撮りすれば、2パターンの衣装を楽しむことが出来ます。

ゆっくり写真を撮ることが出来る

式当日の朝などに写真を撮ってもらうことは出来ますが、本番当日はとにかく忙しいことが多いです。限られた時間の中での撮影となるので、いくつもポーズを提案したり、納得いかなかったりしてもゆっくり撮り直すのはなかなか難しいのが実情です。その点、前撮りは比較的時間に余裕がある場合が多いので、気に入ったロケーションで何枚も写真を撮ってもらったり、上手く表情をつくれなかった場合は何度か撮り直しををしてもらえます。本番では緊張して、表情がかたくなってしまいがちなので前撮りで笑顔の練習をしておくのも良いでしょう。

式本番のアイテムに使用することが出来る

期間に余裕をもって前撮りをしておけば、式当日のアイテムに前撮りでとった写真を使用することが出来ます。ウェルカムスペースの装飾やプロフィールムービーなど、使用できるところは多々あるので、前撮りの様子をゲストにも見て貰うのはいかがでしょうか。

前撮りは、例えば成人式や結婚式の当日、時間のない時に重宝します。予行演習のようにもなりますし、お化粧や髪形のチェックもできるのでお勧めです。