何色を着る?お呼ばれした結婚式で着るドレス

何色を着る?お呼ばれした結婚式で着るドレス

主役は新郎新婦を忘れずに

結婚式にお呼ばれした際に着用するドレスは、参列者の女性にとっても華やかに彩りたいものですよね。しかし、結婚式の主役はあくまでも新郎新婦です。このことを忘れてマナー違反のドレスを選んでしまっては、周りの人に悪い印象を与えてしまいます。ドレスを選ぶにしても、花嫁を連想するような白いドレスや生花をあしらったものを選んではいけません。また、黒を選ぶにしても喪服のように全身真っ黒になることは避けるのがマナーといえます。

定番はネイビーとブラック

定番のドレスカラーはネイビーとブラックです。これらの色はフォーマルシーンにふさわしい色で、年齢に関係なく身に着けることができます。上品に仕上げることができますが、定番であるからこそかぶりやすいので、レースなどの装飾にこだわりのあるデザインを選ぶとよいでしょう。アクセサリーで工夫をしてもいいですね。

爽やかさはブルーとグリーン

ドレスを着用するにしても何を選んでいいのかわからないというドレス初心者やドレスを着るにしてもあまり女性らしいデザインを選びたくないという人は、ブルーやグリーン系のカラーを選ぶとよいでしょう。若々しく華やかな印象を与えることができ、暗さも感じないので少ない工夫でも着こなすことができます。春や夏には明るいグリーンやブルーを、秋冬にはくすんだ色を選べばぬくもりを感じることができるでしょう。

ピンクとベージュでかわいらしさを

ドレスを選ぶのならばかわいらしいものを選びたいというならば、ベージュやピンク系のカラーを選ぶとよいでしょう。20代の若さならば特に華やかな印象を与えることができます。血色よく見せる効果もあります。

大阪の結婚式場はスタッフの方のノリがとても良く、親身になって相談に乗ってくれることが多いでしょう。自分たちらしい式の実現が叶います。